ヒョナ、「迷走神経失神」診断された  




歌手ヒョナがうつ病とパニック障害、迷走神経失神を患っていると打ち明けた。

ヒョナは28日、SNSに長文の文を載せ、自分の現在の健康状態を知らせた。

ヒョナは「子供の頃から私は一際多くの機会があると考えてからなのか、
いつもありがたく正直楽しかった。そんな時申し訳なることもあった」と回想した。

そして、大人になった彼女は、年齢に続く責任と舞台に対する欲で前だけ見て走ってきた。
ヒョナは「私が病気だとは思ってもいなかった。
それでも周りにいつも一緒にしてくださる良い方と
ファンが常に一緒にだったから大丈夫だと思っていた」と告白した。

結局、彼女は過去2016年、うつ病やパニック障害を診断された。
ヒョナは「いつも堂々としてきた私だったので、
うつ病やパニック障害という診断が信じられなかった。
1年程は信じられなかったと思うとし
「今は自然にこの週に一度、治療を受けており、
悪いことだけは考えないようにしている」と伝えた。

ヒョナはまた、迷走神経失神へも苦しんでいると明らかにした。
彼女は「最初の頃は目のがに白っぽく見え、突然倒れた。
「パニック障害の症状のいずれかだろう」と医者の言葉に
大学病院で脳波などあれこれ検査をしてみて、
迷走神経失神という病気であった」と言及した。

続いて「舞台に立ちたいけど、私はこのように頻繁に倒れた場合、
私が病気なのを知っていれば、誰が私を見つけるくれるかな
一番最初に心配が先んじて誰にも知られたくなかった。
でも秘密というのは、長い間守っていれたらいいけど、
倒れるたびに一人で心の奥で申し訳ない気持ちがたくさんした」と付け加えた。

また、ヒョナは闘病事実を公開した理由について、
「私の心を少しでも軽くしたくてこのように率直に話してみました。
これからも逞しく生きていくつもりだけど、
人は完ぺきではない。隠さず勇気を出して話してみた。
遅くなかったと考えず自分自身を愛し、
今のように勇気を出して素直になる」と述べた。

一方、ヒョナは去る5日、新しいシングルアルバム
「フラワーシャワー(FLOWER SHOWER)」を発売して、
活発な活動を続けている。
 
 
 
日付 : 2019/11/29 照会 : 372
 
次 : キム・ジュンス、パク・ミョンスのラジオ番組出演