カン・ダニエルうつ病とパニック障害の診断受け、新曲の活動は難しい  



歌手カン・ダニエルは、うつ病やパニック障害で活動に困難になっている。

カン・ダニエル側4日、
「カン・ダニエルは、今年の上半期から免疫力の低下に伴う
頻繁な健康悪化に心理的な不安症状により病院を訪問し、
精密検査で「うつ病とパニック障害」と診断された。

以来、着実に心理療法と薬物処方を介して治療に取り組んできた」
と明らかにした。

続いて「今日(4日)午前に予定されていた
MBC MUSIC「ショーチャンピオン」事前録画をキャンセルし、
今後の活動も正常な消化が避けられず、

事実上、デジタルシングル「TOUCHIN」の活動が非常に難しいのが実情」と
「カン・ダニエルの健康と今後の活動に関連して、
無理な憶測と誤解はご遠慮いただきますようお願い申し上げ、
回復状況についてご案内いたします方策も用意するようにする」
と伝えた。

以下カン・ダニエル側公式立場の全文。

こんにちは。コネクトエンターテイメントです。
当社所属アーティストカン・ダニエルに
関連し以下のように公式立場届けいたします。
カン・ダニエルは、今年の上半期から免疫力の低下に伴う頻繁な
健康悪化に心理的な不安症状により病院を訪問し、
精密検査で「うつ病とパニック障害」の診断を受けました。
以後着実に心理療法と薬の処方を使用して治療に取り組んできました。

そのような状況にもかかわらず、カン・ダニエルは激変する
環境の中で中心を持って揺れないように最善を尽くしてきましたが、
最近さらに深刻になった不安症状を訴えており、
アーティストの健康と安全のために最優先に考慮すべきことは、
十分な休息と安定という結論に達しなかった。

これ本日(4日)午前に予定されていた
MBC MUSIC「ショーチャンピオン」事前録画をキャンセルし、
今後の活動も正常な消化が避けられず、
事実上、デジタルシングル「TOUCHIN」の活動が非常に難しいのが実情です。

突然のお知らせにファンの皆さんと放送局、
報道機関をはじめとするすべての関係者の方々に
ご迷惑をおかけいたしまし大変申し訳ありません。

当社は、カン・ダニエルの健康回復のために、
可能な限りすべての方法を動員して支援するものであり、
アーティストを保護する必要が所属としての
責任を改めて胸に深く刻みようにします。

加えてカン・ダニエルの健康と今後の活動に関連して、
無理な憶測と誤解はご遠慮いただきますようお願い申し上げ、
回復状況についてご案内いたします方策も用意するよう致します。

良くないニュースを伝えることとなり申し訳ないです、
再び元気な姿で挨拶ができるまで
カン・ダニエルに向かって応援お願いいたします。

ありがとうございます。

 
 
 
日付 : 2019/12/04 照会 : 241
 
次 : 俳優であるチャ・イナが死亡したまま発見?