Super Juniorのメンバーキム・ヒチョル現在の体の状態  

グループSuper Juniorのメンバーキム・ヒチョルが現在の体の状態について明らかにした。

去る9日放送されたKBS Joy芸能プログラム
「何でも聞いて菩薩」はキム・ヒチョルがゲストで出演して話を交わした。

この日MCイ・スクンはキム・ヒチョルの体の状態について
「Super Juniorのメンバーだけど、負傷のためにダンスが踊れない」と言及した。
キム・ヒチョルは去る2006年、
交通事故が原因で足首から大腿部股関節の骨まで鉄心7を留めるなど、
10時間の大手術を受けた。

キム・ヒチョルは「5年前の最後の病院検診で
走ったり、これ以上ダンスをしたら危険だという判定を受けた。
私は何をして生きていけばいいのかと思った。
そうするうちに芸能の方をしながら解けていった。
自分の道が開けたと思ったが、それでも音楽的な夢と欲がある」と残念がった。

その一方でキム・ヒチョルは
「一人でアルバム出すこと悩んでいたことの一つは、
私がチームの活動をできな状況なのに、ここで私が一人で歌を出してしまえば、
ファンが背信を感じないだろうか、という心配になる。
申し訳ない気持ちがとても大きい」と付け加えた。

しかし、キム・ヒチョルは、
各種芸能活動を通じてSuper Juniorの活動を促進するなど、
舞台ではなく、他の方法で力を足している。

キム・ヒチョルは、現在JTBC芸能番組「知っている兄」、
SBS芸能番組「醜い私たちの子」、「味他人広場」などに出演している。
 
 
 
日付 : 2019/12/10 照会 : 2183
 
次 : 俳優ジョンヘインが「イケメン遺伝子」を譲った父と母を公開